物販ビジネスを一般の人に分かりやすくコンサルティング

>

岩松さんはどうやって年収2億にまで成長したのでしょうか?

この記事をシェアする

ブラック企業を辞めて

岩松さんは1986年生まれの30代。出身は大阪府です。大学を出た後に一般企業である不動産に就職しましたが、上司とのトラブルで退職しました。ブラック企業だったとのことらしいです。
その後、個人事業でWeb上での販売を始めましたが、これが中々軌道に乗らないのです(と言ってもこの3年後には株式会社を立ち上げるに至りましたので、数か月、軌道に乗らなかっただけなのですが)。
しかし、ただ売っていただけではありません。Web上での個人事業は副業としてかなりの人気がありますので、出品されているものや売れているものの見極めをする力は養っていたのでしょう。同じように出品しているのに売れるサイトと売れないサイトがある事や、同じ商品を複数のサイトに載せている出品者が居ることなど、業界の内側にも気が付いていきます。そして、それはのちの岩松さんにとってとても良い経験となるのです。

どうやって年収二億?

岩松さんは「あるものを売る」物販ですので、基本は「転売」になります。しかし、転売をするにも仕入れ先や売れるものの見極めなど、非常に知識や経験、そしてセンスが物をいう世界です。
岩松さん自身、最初は身の回りにあるものなどを売っていたようですが、どれだけ働いでもお金にならないことを悩み、あるメンター(ビジネスにおける指導者)に出会います。そのメンターにより考え方や方法を伝授された岩松さんは、めきめきと利益を増やしていきます。今、岩松さん自身が立派なメンターとして活躍されているのは、その方と出会ったおかげなのです。
そして得た知識と経験で、事業をどんどん大きくし脱サラ後3年で株式会社NICを立ち上げるに至ります。